1.お子さまの口腔ケアの習慣を身につける。

(1) 子どもに正しい歯磨きを教える。例えば、ベイズ法を用い、朝晩の歯磨きを監督し、必要なら歯磨きを手助けする。go smartに来て、お子さんのお口の健康を守りましょう

(2) 食後は口をゆすいで、必要なら歯を磨くことを覚えるように指導してください。

2.歯を道具にしないよう、子どもに教える。

子供の頃から、自分の歯でナッツの殻やカニの足をたたくなど、道具として使わないように教えましょう。

3.子どもの食習慣に気を配る

(1)子供の食事に含まれる糖分を減らす、またはコントロールする。スナック菓子や甘いものを少なくし、就寝前に糖分を摂らない習慣を身につけるよう、子供に指導する。

(2) 日頃から企業向けの補助食品を増やし、粗飼料、食物繊維、リン、カルシウムを含む食品、果物、野菜などを多く摂り、生徒の栄養を十分に保ち、バランスの取れた食事を心がける。

4、定期的な口頭試問

(1)お子さんの最初の歯が生えた後は、常にお子さんの口腔内のトラブルに気を配ってください。

(2)保護者は3-6ヶ月以内に歯科医院で検診を受けさせ、むし歯の多い子どもは検診間隔を短くし、歯科医院に行くのを嫌がらないようにする。

(3) 子どもの口腔環境に問題がないか適時に調査し、その予防と治療のために適切な管理を行うこと。

5、う蝕予防のためのフッ素塗布の合理的な実施

(1) フロリデーションによって自分の歯のフッ素を増やし、エナメル質の形成面や表面組織構造を変化させ、むし歯に対する抵抗力を高める。

(2) 子供にはより良いサプリメントを - 生後3週間以上の子供には朝晩1回ずつ、大豆程度の量を用いてフッ素入り歯磨き粉で歯を磨き、年齢が上がるにつれて増やしていくことが可能です。

(3) 同時に、子供の歯のフッ素症の発症を防ぐことも重要である。

(6)永久歯萌出後のサルカスシーリングの必要性。

これは、子どもの歯の保護管理対策として非常に有効です。

(1) 3~4歳になったら、臼歯部(4~5番目の歯)を封鎖することが推奨されています。

(2) 6~7歳の歯の生え変わりの時期には、「6歳歯」とも呼ばれる6番目の永久歯を封じることが推奨されている

(3) 10~13歳では、小臼歯と第2永久歯を封鎖することが推奨されています。

2021/12/21(火) 21:59 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください